料理やお菓子・ドリンク作りにフル活用!美味しい蜂蜜のミニ知識をご紹介します

蜂蜜は多くの飲み物や料理に活用することができます。代表的なドリンクはハニーレモンティーやハニージンジャーティーです。蜂蜜はレモンや生姜との相性もよく、風邪予防やのどの痛みに効果的で、美味しくヘルシーなドリンクができます。蜂蜜を使った料理として、ハニーマスタードチキンとハニーナッツサラダをご紹介します。マニーマスタードチキンは、鶏肉に蜂蜜と辛子を使ったソースを塗って焼く料理です。甘辛で美味しいチキン料理です。ハニーナッツサラダは、ドレッシングに蜂蜜を加えることがポイントです。

蜂蜜の賞味期限はどのくらいなのか

自宅でホームクッキングをする趣味を持っている方が、最近はたくさん存在するようになりました。なかでも女性の間ではスイーツ作りがブームとなっており、大きなオーブンを購入して焼き上げているわけです。代表的なものはケーキとドーナツで、どちらも女性なら大好物というのがうなずけます。この品を作る場合に欠かせないのが蜂蜜で、いまではスーパーやコンビニでも気軽に手に入れることが可能です。一人暮らしであまりたくさんの分量は使わないというときは、冷蔵庫や納戸で保存をすればいいわけとなります。では気になるのが蜂蜜の賞味期限で、開封をしたらどのぐらいで使い切らないといけないのでしょうか。結論から言えば、一度開封をすると、長くても一か月程度で消費をするのが理想的です。賞味期限は約2年半を提示していることが多いですが、あくまでも開封をしていないことが前提です。一度でもフタをあけると酸化をするため、一気に品質は悪くなります。

ミツバチが作る蜂蜜は花の蜜そのものではない

ミツバチが集めている花の蜜が蜂蜜として販売されいているイメージを持っている方は多いかと思いますが、実は少し違います。花の蜜を集めた働きバチは、それを一度体内に取り込み、巣に持ち帰っていきます。この時、体内にある酵素と反応し蜂蜜へと変化していくのです。そして巣に戻ったら中で待っているミツバチに、体内の物質を吐き戻す事でバトンタッチ。受け取ったハチは舌の先まで吐き戻す作業を繰り返したり、羽を羽ばたかせたりする事によって、水分を飛ばしていく作業を行います。その結果一般的に糖度30~50といわれている花の蜜は糖度80まで上げられ、そこでハチミツの完成となるのです。つまり、蜂蜜は厳密言うと、花の蜜そのものではなく沢山の蜂によって成分が変えられたものという事ができるのできますね。ちなみにハチミツが完成するまでの全ての工程は、メスのみで行われています。少し値段の高い蜂蜜ですが、ハチ達の労力を考えると非常に納得できるものではないでしょうか。

蜂蜜にはビタミンやミネラルなども含まれている

蜂蜜には、ビタミンやミネラルも含まれているので、毎日の健康管理に役立ててみるとよいです。蜂蜜を毎日食べるようにすることで、サプリメントを飲むことなく健康になることが可能です。サプリメントは、購入するのにも高い値段がしますし、毎日摂取するためには持ち運びしないといけません。その点を考えるだけで毎日続けるのは大変です。その点、蜂蜜はそのまま食べることができますし、料理に使ったりパンに塗って食べたり、お菓子作りに活かしたりと様々な方法で摂取することができる魅力が存在しています。いろいろな方法で摂取することができるので、けして飽きることなく続けていくことができるでしょう。蜂蜜の中でも外国産のものを選べば、値段を安く抑えることが可能です。外国産のものの中にも、ビタミンは含まれているので普段から健康管理を行いたい人も、金銭的な負担なく行うことが可能です。普段からミネラル不足を感じている人は、試してみるとよいでしょう。

花の種類によって蜂蜜の色や味わいなどは変わる

甘くておいしいものというと、いまでは色んな食べ物が存在する時代となりました。江戸時代だとその限りではなく、身分が高い方だけが口にした食材があったわけです。それは蜂蜜で、夏だと氷の上に蜜を掛けて味わったという古文書も残っていました。いまから2000年前の欧州で初めて収穫をされて以来、世界最古の甘味料とも呼ばれています。大半の方が知っている通り、ハチによって収穫をされていて、花の蜜で構成をしているものです。簡単にここで、蜂蜜の色や味わいをご紹介していきましょう。国内でよく目にできるのがサクラ、ミカン、レンゲの3種類となっています。なかでも春によく出回るサクラは、とてもやさしいほのかな味わいで、ケーキや団子などのフレーバーに採用をされやすい品です。色は限りなく無色透明ですが、八重桜の場合だと薄いピンク色になっています。ミカンはオレンジ色で、花のカラーと比例をしているのが蜂蜜のポイントになっているわけです。

純粋蜂蜜と精製蜂蜜・加糖蜂蜜の違いとは

純粋蜂蜜は自然界に存在しているのとほとんど同じで、一切の手を加えないものを表わします。蜂の巣に作られた蜜を採取し、著しい埃などが取り除かれ瓶などに封入して出荷され、ナチュラル志向の方に人気です。一方、精製蜂蜜はフィルターを通すなどして不純物を取り除き、独特の臭みや癖を取り除いたものです。柔らかな仕上がりとなり、そのまま食べても料理に入れてもおいしいと評判です。加藤蜂蜜はこれらの蜂蜜に砂糖やブドウ糖、水飴などを加えることで柔らかな甘さを持たせるのと同時に粘性も変化させ、料理やお菓子に使用する際に混合する材料に合わせて選ばれることがあります。濃度が薄まることでアレルギーなどの懸念物質も薄まるので、症状が気になる方でも安心して食べることができる可能性があるのも嬉しいところです。加工するほど不純物や臭みが取り除かれる一方で、ビタミンやミネラルなどが失われる場合もあります。味の好みや利用目的に応じて自由に選ぶことができ、自然からの恵みを享受することができます。

蜂蜜は花の種類が同じでも地域により味が違う

スイーツ作りから和食まで、最近は家庭でもいろんなグルメを手作りする方が多くなりました。それだけたくさんの調味料が必要であるともいえ、スーパーやデパートでは専用コーナーも続々と登場をしているわけです。スイーツと和食、両方で大活躍をするものというと、何をイメージされるでしょうか。正解は蜂蜜であり、いまでは10種類以上もの数で売られるようになっているわけです。これからはじめて買い求めるけど、どうしていろんなものがあるのかと不思議ではありませんか。簡単にここで解説をすると、蜂蜜とは花の種類で甘さ・味が大きくことなっているものとなります。おもにサクラ・レンゲ・ミカンの花から採集をされますが、地域によって風味も大きく異なっているわけです。まずハチの種類が違うのが大きな要因で、西日本ならアシナガバチ・関東一帯だとミツバチとなります。個体が分泌した体液がちがうことからそのフレーバーも違うといえるわけです。

蜂蜜には香りが薄いものと濃いものがある

蜂蜜には色の濃いものと薄いものがありますが、色だけでなく香りも強いものと弱いものがあります。蜂蜜は、花の蜜を原料に作られておりその花が何なのかによって大きく内容が異なるのが特徴です。 廉価なものでは原料になる花の種類が明記されていないケースもありますが、一般的に原料となる花が明記されていますのでそうしたものを比較したり製造過程などに着目して選ぶのも一つの方法です。いくつか購入しているうちに、その香りの強さや優しさなどに気が付くこともあります。 蜂蜜は栄養豊富な食材ですが、原料になる花によっても大きくその風味が異なってきますので慣れてきたらそうした選び方をするのもおすすめです。においが強いものが苦手なら薄いものを、そうでないなら強いものをといった風に選ぶこともできます。色も透明に近いものから茶色っぽいものまでさまざまなタイプがあり、一緒に合わせて食べる食材や飲料に応じていくつか用意しておくのもよいでしょう。

日本でポピュラーな蜂蜜の種類とは

健康効果があると注目されている蜂蜜は、スーパーで購入できるほど手に入れやすい食品になりました。日本で購入できる蜂蜜は国産と外国産の2種類があり、ブレンドされている商品もあります。日本でポピュラーな蜂蜜は糖・添加物が入っていない製品とブドウ糖・ショ糖・水飴などの糖を加えた製品、ろ過処理・加熱処理を行って風味・香りを調整した製品があります。また蜜源によって味わい・香りなどが異なるため、花の種類も豊富です。一般的に流通しているのは、アカシア・レンゲ・マヌカ・ミカン・トチノキ・百花蜜などです。中でもアカシアはさらりとした質感と上品でクセがなく、寒い時期でも結晶化しにくいので人気があります。国内で代表的なレンゲは独特の風味が比較的少なく、初心者が挑戦しやすい味わいです。マヌカは健康志向の消費者に人気があり、世界中で愛されています。数種類の花の蜜が混ざった百花蜜は、原材料・採取時期によって異なる味わいを楽しむ消費者に人気があります。

蜂蜜にある百花蜜と単花蜜の違いとは

蜂蜜には収穫される花の種類が異なるケースがあることをご存知の方も多いのではないでしょうか。蜂蜜には大きく分けると2種類に分かれており、百花蜜と呼ばれるものと、単花蜜と呼ばれるものがあります。それぞれの違いをご存知ですか。百花蜜は、複数の花から採れた蜜であり、あっさりした味わいです。同じ土地で採れたものでも、季節などによって味に違いがあるのが特徴です。一方の単花蜜は、大部分が1種類のみの花から採取された蜂蜜を指しています。日本においては、アカシアやレンゲ、トチなどのような非常に香り高い花から採取されることが多いものです。ただ、例えばレンゲのみで蜂蜜を採取するというのは非常に難しいのが現実であり、それならば複数の花から採れた蜜を混ぜて作ってみるという考えが普及していきました。単花蜜の場合は香りや風味、味わいを楽しむことができることから、調理に使うというよりもそのままの蜜を食べるのがおすすめです。

蜂蜜 お取り寄せに関する情報サイト
美味しい蜂蜜のミニ知識

このサイトでは料理やお菓子・ドリンク作りにフル活用できる美味しい蜂蜜のミニ知識をご紹介します。レモンや生姜と一緒にドリンクを作れば、風邪予防やのどの痛みにも効果的なハニ―レモンティーやハニージンジャーティーができます。美味しくてヘルシーです。料理にも、様々に活用することができます。ドレッシングに活用したハニーナッツサラダ、辛子とソースを作って、チキンに塗りつけて焼くハニーマスタードチキンもおすすめです。

Search